手数料比較・サービス比較・注文機能比較・商品市場比較が思いのまま

投資と節約のツール集

オメガチャートの使い方解説、システムトレード構築、注目銘柄/株式市況の一発リンクや節約の話題等々。資産運用の手助けになれば幸いです。注意!本ブログ記載の情報で生じたいかなる損害も当方は責任をおいません。全て自己責任でお願いします。
Home投資ツール | オメガチャート | 節約 | 読みもの 


スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリーニングとは

2007.01.01
 スクリーニングとは、ある条件を設定し、その条件に該当する銘柄を抽出することをいいます。例えばYAHOO!Financeの出来高ランキングに出ている銘柄は、「出来高の高いものをスクリーニング」した結果といえます。

 基本的には投資スタイルによりますが、もっと複雑に組み合わさったスクリーニングを行いたいという要望は、銘柄を探す手間の短縮という観点からかなり高いと思います。株式の口座を開いている方はネット上にスクリーニングの機能が大抵付いているのでそれを利用している場合が多いのではないでしょうか。また最近では無料でスクリーニングができるサイトも多くなってきました。

スクリーニングができるサイト例
新光総合研究所
トレーダーズウエブ
株マップ.com
カブクン株式情報

 これらサイトの充実により、これ以上のスクリーニングは不要という方もいるでしょう。しかし一方でもう少しマニアックな条件を設定したいという方や、いちいちサイトに行くのも面倒くさい、あるいはシステムトレードの自動売買シグナルを予め記録、設定しておきたいという場合もあるかと思います。オメガチャートでは拡張キットを用いて自由に条件を作成できます。
 
 私はシステムトレードを中核としたテクニカル投資スタイルなので、オメガチャートを用いて、システムの構築とスクリーニングを行っています。自分にあった売買条件を研究し、スクリーニングでその売買シグナルを日々抽出する使い方がひとつのオメガチャートの醍醐味です。

 なおオメガチャートでは企業のファンダメンタル(PERやPBR等)のデータは格納していませんので、これらをスクリーニング条件に反映させることはできません。

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://tradetool.blog82.fc2.com/tb.php/26-9ca3ad63
Template by まるぼろらいと

Copyright ©投資と節約のツール集 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。