手数料比較・サービス比較・注文機能比較・商品市場比較が思いのまま

投資と節約のツール集

オメガチャートの使い方解説、システムトレード構築、注目銘柄/株式市況の一発リンクや節約の話題等々。資産運用の手助けになれば幸いです。注意!本ブログ記載の情報で生じたいかなる損害も当方は責任をおいません。全て自己責任でお願いします。
Home投資ツール | オメガチャート | 節約 | 読みもの 


スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動平均線傾き

2007.01.01
 相場の勢いはただ移動平均線が上向き、下向きというだけでなくその傾きに反映されます。例えば大陽線を交えながら数日連騰した銘柄の5日移動平均線の傾きは急勾配となるため、上昇トレンドの初動を捉えるひとつのサインとなります。また13週移動平均のような比較的長いスパンでスクリーニングすれば、長期で安定して上昇している銘柄を抽出できます。
 このライブラリでは移動平均線の日数と傾きをそれぞれ数値指定するようにしました。負の値を入れることで下落側も設定できます。


【定義式】MAkatamuki(#1,#2)
#1:基準とする移動平均の日数
#2:移動平均線の上昇率(下落率)
    正の値⇒上昇率(正の傾き)
    負の値⇒下落率(負の傾き)
使用例)
 5日移動平均線が1%以上の率で上向いており、かつ当日の株価がその移動平均線より上で推移している銘柄を抽出する場合は、スクリーニングで"MAkatamuki(5,1) and close()>MAve(5)"と記述。

移動平均線傾き



スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://tradetool.blog82.fc2.com/tb.php/24-78a6d4df
Template by まるぼろらいと

Copyright ©投資と節約のツール集 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。