手数料比較・サービス比較・注文機能比較・商品市場比較が思いのまま

投資と節約のツール集

オメガチャートの使い方解説、システムトレード構築、注目銘柄/株式市況の一発リンクや節約の話題等々。資産運用の手助けになれば幸いです。注意!本ブログ記載の情報で生じたいかなる損害も当方は責任をおいません。全て自己責任でお願いします。
Home投資ツール | オメガチャート | 節約 | 読みもの 


スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動平均乖離率

2006.12.20
移動平均乖離率とは…
 N日の終値を合計し、Nで割った値を結んだものが、N日移動平均線です。さらに現在の株価がこの移動平均線からどの程度離れているかを示したものが移動平均乖離率です。
 さてこの乖離率が大きくなったときはどのような意味があるのでしょうか。ひとつには株価が大きく上昇したことから強い上昇トレンドにあることを意味します。しかし一方で過熱感の台頭から天井となり一転下落の下降トレンドとなる可能性が高いこと意味します。前者に順ずるのが『順張り』、後者に順ずるのが『逆張り』です。つまり同じ指標でも全く逆の投資判断となるのです。
 ちなみに移動平均のところでも述べましたが、以下のような日数が市場では良く用いられるようです。

 ・短期:5日、25日、30日、4週、5週
 ・中期:75日、90日、100日、13週
 ・長期:150日、200日、26週


【定義式】MAkairi(#1,#2)
#1:移動平均の日数(週、月)
#2:#1で設定した平均線からの乖離率(%)
    正の値⇒プラス乖離
    負の値⇒マイナス乖離

使用例)
 株価が25日移動平均線からの乖離率が10%以上の銘柄を抽出する場合は、スクリーニングで"close()<MAkairi(25,10)"と記述。

移動平均線乖離率



スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://tradetool.blog82.fc2.com/tb.php/20-204144cc
Template by まるぼろらいと

Copyright ©投資と節約のツール集 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。