手数料比較・サービス比較・注文機能比較・商品市場比較が思いのまま

投資と節約のツール集

オメガチャートの使い方解説、システムトレード構築、注目銘柄/株式市況の一発リンクや節約の話題等々。資産運用の手助けになれば幸いです。注意!本ブログ記載の情報で生じたいかなる損害も当方は責任をおいません。全て自己責任でお願いします。
Home投資ツール | オメガチャート | 節約 | 読みもの 


スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリンジャーバンド

2006.12.13
ボリンジャーバンドとは…
 統計学に基づき終値の移動平均とその標準偏差σ(シグマ)を示したもので、株価の下値支持線と上値抵抗線を見積もるのによく用いられます。統計学によれば移動平均±1σの範囲内にある確率は68.2%、±2σの範囲内にある確率は 95.4%、±3σの範囲内にある確率は99.7%となります。従って株価が+2σを超えたら売りサイン、-2σを下回ったら買いサインとなります。
 なおσはデフォルトの拡張キットにインジケーターとして登録されています(name="bb_sdev")ので、これを用いることもできます。但しソフト上でボリンジャーバンドを表示させていないと未定義としてエラーになるようです(> <;)


【定義式】BB(#1,#2)
#1:基準とする移動平均の日数
#2:1σなら1、-2σなら-2
使用例)
25日平均線を基準にして、-2σ以下を抽出したい時はスクリーニングで"close()<BB(25,-2)"と記述。

ボリンジャーバンド



 ところで、先ほどの確率は日々の株価が独立かつ正規分布に従うとするという前提のもとで成立する話です。実際の日々の株価は相互に干渉し合っていますので、厳密にはこの確率には従わないことになります。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://tradetool.blog82.fc2.com/tb.php/12-0ae874d3
Template by まるぼろらいと

Copyright ©投資と節約のツール集 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。