手数料比較・サービス比較・注文機能比較・商品市場比較が思いのまま

投資と節約のツール集

オメガチャートの使い方解説、システムトレード構築、注目銘柄/株式市況の一発リンクや節約の話題等々。資産運用の手助けになれば幸いです。注意!本ブログ記載の情報で生じたいかなる損害も当方は責任をおいません。全て自己責任でお願いします。
Home投資ツール | オメガチャート | 節約 | 読みもの 


2006年11月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本テンプレート

2006.11.30
 以下がスクリーニング部の拡張キットテンプレートです。



以下、各設定部(##部)の簡単な説明

<screening name="###" format="F#,#">
name="###"
スクリーニング名ですが、プログラム内の識別に使われるだけでソフト上には出てきません(但し他のスクリーニング名と重複しないようにしましょう)。
format="F#,#"
通常、前半部はF0,F1,F2のいずれかで、0,1,2でスクリーニング結果で小数点以下何桁目まで表示するかを設定しています。後半部は、例えば100のときはRSIのように計算した値を100倍、%のときは乖離率のように%表示になります。出来高の場合は"F0,1"です。

<title>###</title>
【カスタマイズ>スクリーニングタブ】画面のタイトル部に表示されますので、一目で内容がわかるようにしておくと良いでしょう。

<description>###</description>
【カスタマイズ>スクリーニングタブ】画面の【?】マークにマウスを置いたときに表示されます。詳しく説明文を記述しおけば内容を忘れた時に便利です。

<header>###</header>
【スクリーニング】画面の【ソート条件】に表示されます。後述のパラメータで補完して表示できます。例えば「{0}RSI」と記述→パラメータ{0}が14、unitが"日"のとき、「14日RSI」と表示されまず。

<filter><![CDATA[###]]></filter>
肝となるスクリーニング条件を表す書式を設定します。省略した場合は以下のexpressionで設定した式を元にスクリーニングされ、昇順、降順で結果表示されます。

<expression>###</expression>
上記のfilterに従ってスクリーニング抽出された銘柄に対して、ここで設定した数式の計算結果を元に昇順、降順(スクリーニング実行時に選択)に並び替えて表示されます。例えば一定の乖離率以上をスクリーニングしておいて、抽出された結果を出来高順に並べるといったことが可能です。もちろん乖離率を設定しておけば単純に乖離率順になります。

<param index="#" type="positiveInteger">
パラメータに付けるインデックスナンバーです。0,1,2・・と順につけていけば良いでしょう。
<daily unit="日" default="##"/>
<weekly unit="週" default="##"/>
<monthly unit="月" default="##"/>

各パラメータの初期設定値です。【カスタマイズ>スクリーニングタブ】画面で変更可能です。多くの場合ここで示したように日足、週足、月足に対応できるよう日、週、月を設定します。応用として他のパラメータを設定することもできます。その時はunit=" "とdefault=" "の中身も適宜修正してください。
例)乖離率をパラメータ化
<param index="1" type="positiveInteger">
<name>乖離率</name>
<daily unit="%" default="10"/>
<weekly unit="%" default="10"/>
<monthly unit="%" default="10"/>



以上極簡単に説明しましたが、こうやって説明文を眺めているよりは、既存のものをコピーして改造している内に抵抗なくなると思います。習うより慣れろです(^^)/

スポンサーサイト

オメガチャートとは

2006.11.27
 オメガチャートは株価のチャート表示と、テクニカル分析が可能な無料チャートソフトです。チャート表示は、自由なカスタマイズが可能で自分好みのスタイルに設定できます。日々の株価はボタン一つでダウンロードできます。
 テクニカル分析では、条件に一致した銘柄を抽出するスクリーニングと、売買条件を設定し自動売買による損益結果を算出する売買検証が主な機能です。これらの分析は『拡張キット』と呼ばれる仕組みを用いることで可能となり、ユーザー独自の検証が簡単にできます。
 ソフトの詳細な内容、およびコンセプトはオメガチャート作者の岡嶋大介氏のウエブサイトとブログを参照ください。ソフトウエアは下記サイトからダウンロードできます。

Omega Chartウエブサイト(http://www.omegachart.org/
作者ブログ:人生を書き換える者すらいた(http://okajima.air-nifty.com/b/

 さて上記サイトには充実した解説が成されていますので、導入に関する基本的な話はここでは省略しようと思います。
 
 使用した方は分かると思うのですが、やはり本ソフトの特徴は『拡張キット』にあると思います。これはユーザー側で数式で記述することで自由に売買条件やスクリーニング条件を設定できるものです。この拡張キットを使いこなすことで、「この指標を組み合わせて売買したらどれくらいのパフォーマンスが出るだろう?」という多くのトレーダーが日々思い悩む疑問にかなり柔軟に対応し、実践できます。
 しかし一方で数式をテキスト編集で作成することに、敷居を高く感じる方も多いと思います。私もその一人で、最近になってようやく抵抗なく使えるようになったという次第です。
 そこで本ブログでは主に拡張キットをより簡便に手間を少なく使えるような情報を提供していきたいと思います。これにより少しでも皆様のプログラミングひいては投資の手助けになれば幸いです。

テクニカルvsファンダメンタル

2006.11.23
 株投資関連のサイトを巡っていると、「テクニカル投資」「ファンダメンタル投資」のどちらが良いかという話題に出会います。両者を簡単に説明すると、前者は株の値動き、出来高等から上昇トレンド、下降トレンド、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断し売買するもので、後者は企業の業績、規模、将来性等と現在の株価を比較して割安、割高を判断して売買するものです。
 
 どちらがより優れているか私には分かりませんが、テクニカルにせよ、ファンダメンタルにせよ、「その分析と投資方法に熟練した人は現実に株投資で利益を出しており、そうでない人は損をしている」と私は考えています(正確には考えるようにしています)。世の中には怪しげな投資顧問サイトや投資How to本のタイトルに踊る「90%の勝率…」「すぐに儲かる…」「3日でできる…」といったものが溢れています。これらの甘い誘惑に打ち勝つためにも、株の基礎知識を学び、応用を身に付け、実践で経験を積むことによってのみコンスタントに利益を出すことが出来ると日々肝にめいじています。投資の上手い人は、長年の経験と知識に基づき、利益とリスクをコントロールする術を持っている人だと思います。
 今から投資を始めようとしている方や、投資スタイルに悩んでいる方は、魔法のような必勝法を探すのではなく、自分の目標と性格に合った投資法を探すことをオススメします。

 話を戻しますと、私は(短~中期の)テクニカル重視の投資スタイルです。これはこの手法が優れていると考えているからではなく、生活スタイル、目標とする年間利益率、自分の性格等々を加味した結果導かれたものです。そのため本ブログでもテクニカル投資に関連するツール紹介をメインコンテンツとしていきたいと思っています。
 さてテクニカル投資を始める上で、まずは株価チャートが必須です。私はオメガチャートというソフトを使用しています。拡張性が高いため、使用する人それぞれにカスタマイズが可能な点が最大の魅力です。無料ですので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

オンライン証券の選び方

2006.11.19
 証券口座選びで重要なことは手数料機能です。手数料が高い場合、投資スタイルによっては手数料負けして損益がマイナスということにもなりかねません。特に下落リスクの分散には銘柄の分散だけでなく、時間を分散させることが重要となりますが、そうすると発注回数が必然と多くなり手数料が重くのしかかってきます。従って資本が小さな場合ほど手数料は重要となってきます。一方、機能についてですが、これはあればあるほど良いというものではありません。自分にとって不可欠な機能がある場合にのみ優先すべきと思います。

 私は資本の小さな弱小個人投資家なので手数料が重要です。しかしサラリーマンという職業柄、市況をずっと眺めている訳にもいきません。そこで逆指値のような発注機能が充実したネット証券の中で手数料が安いところ(具体的にはタイコム証券 タイコム証券)をメインに置いています。
⇒トレード機能についての詳しい説明はこちら

 手数料については、比較サイトがネット上に無数に存在しますので、多くの方はそれらを参考にしていると思います。しかし場合分けが複雑で結局のところ良く分からないと感じた方も多いのではないでしょうか。約定毎課金、完全固定性、ボックスレート、現物、信用等々・・・。

 最適な証券会社は投資スタイルによって異なります。手数料はどの程度の資金をどの程度の頻度(注文回数)で投資するかに依存し、それ故にその人にとっての最適な証券会社も異なります。そのために一概にここが良いとはいえない訳です。そこで手数料を試算するスクリプトを組んでみました。
使い方はこちら


サイトのコンセプトみたいなもの

2006.11.19
 始めまして。管理人のnapuです。当ブログはその名の通り資産運用のためのツールを紹介することをメインテーマにしています。

 銀行預金の利息が数回のATM手数料に消える現在では、お金は置いていても増えません。せっかく持っているお金を有効活用できていないと言えます。
 最近ではオンライントレードを始めとした金融商品の敷居もかなり低くなってきました。インターネットの環境さえあれば人と対面しなくても取引が可能です。またそれらにまつわる情報サイトも無数に存在します。一個人でも十分に資産の運用ができる時代になったと思います。
 さて実際私もこのような時代背景を受けて、当面は使うあてのない余剰金を運用していますが、運用はあくまで運用であり収入を得るための本業ではないことを肝に銘じています。つまりは運用の行為によって本業がおろそかになることは許されないのです。従来の対人取引では、例えば株式投資なら証券会社の人から情報を聞くことができます。しかしパソコンで全てが完結する状況では、この情報を自ら集めなければなりません。情報を集めるにはかなりの時間と手間が掛かります。つまりここで「時間のない方のための便利なオンライン取引」だったはずが情報を集めるのに多大な時間と手間を費やすという本末転倒な状況が生じます。私もそのような一人でして毎日ネットで検索を繰り返していました。夜遅くまで調べ物をするような日は多々あります。お金を増やすのにある程度の労力は仕方ないにしても、もう少し効率を上げられないかと考え、当サイトの立ち上げに至ったわけです。
 前置きが長くなりましたが、要するに毎日毎日サイトをグルグル調べまわらずに、効率を上げるための情報なり、ツールなりをコンテンツとして紹介していきたいと思うわけです。なおメインコンテンツは、テクニカル重視という立場もあって愛用しているオメガチャートというチャートソフトの使い方解説です。チャートは投資に必須の基礎ツールですのでぜひこちらもご参照ください。

 ブログというメリットを活かして、皆様のご意見を反映しながら良いサイトに育てて生きたいと思っています。 by napu

 
Template by まるぼろらいと

Copyright ©投資と節約のツール集 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。